SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)と
名鉄クリーニングの取組み

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す 世界共通の目標です。
2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。
2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

持続可能な開発目標(SDGs)と
名鉄クリーニングの取組み
省エネ設備によるCO2の抑制

店舗や工場で使用している照明を、LED照明へ交換するよう進めています。省エネだけではなく、作業場の温度を下げる効果もあり、夏場の工場において作業環境の改善に役立っています。

また、大型設備の更新選定においても、エネルギー消費量は重要な検討項目としており、エネルギー使用量を下げてCO2の排出抑制に貢献するようにしています。

ハンガーの回収・リサイクル・バイオマス化

使用済みハンガーを回収してリサイクルしています。
令和4年4月1日からは、ハンガー回収時のポイント付与率をアップ。

ハンガーは植物由来のバイオマス素材が含まれたものを使用しており、地球環境の保全に貢献しています。

太陽光発電
国による再生可能自然エネルギーの利用促進を実施するための太陽光パネルを使った発電の呼びかけに応じ、
名鉄クリーニングでは本社工場の屋上スペースを利用し、平成26年3月17日にパネル枚数280枚、発電 能力70Kwh(一般家庭21軒分)の太陽光発電をスタートさせました。
ゴミの分別

社内から出たゴミは、段ボール・ペットボトル・空き缶など、細かく分別して廃棄し、資源のリサイクルに貢献しています。

環境への対応

ドライクリーニングで使用した溶剤は蒸留を行い、常に清潔な状態で繰り返し使用します。

また、洗浄時の排水についても浄化槽を通して、環境に影響のない水質に変えて処理しています。

社会貢献

地元の中学校から職場体験実習や、大学生のインターンシップなどを積極的に受け入れており、毎年実施しています。
※コロナ禍により近年は実績なし

地域清掃

毎月第一水曜日を「地域清掃の日」としており、会社周辺を中心にゴミ拾いや草むしりを行い、地域の環境美化に貢献しています。

お電話でのお問い合わせ

営業時間 月~金 8:45~17:30

メールでのお問い合わせ
お問い合わせ